Image_高麗人参

リウマチと高麗人参の効能について

リウマチは現代医療では治療がもっとも困難な難病とされています。
このうち患者数が多いといわれる関節リウマチは関節が炎症を起こし組織が破壊されてしまうため、大変な痛みを伴い、身体機能が損なわれていくことになります。
症状としては、幹部が炎症を起こすだけではなく、微熱やだるさ、食欲不振などに悩まされることもあるようです。
炎症の慢性化により関節の骨や軟骨が破壊され関節が変形してしまいますと日常う生活にも支障をきたすことになってしまいます。
現状では日本国内でこの病気に苦しむ患者さんはほぼ100万人近いといわれ、高齢化の進展にともなって年々増加傾向にあるようです。
男女別の割合でいいますと1対4と圧倒的に女性が多く、発症年齢も30代から50代が中心で特に40代がもっとも多いことがわかっています。
いまのところこの病気はその原因がよくわかっていませんが、ウイルス感染と免疫の異常がどうやら原因のうちのひとつであることはわかってきています。
なんらかの原因で免疫の機能の異常が起きると、体の中の大切な部分を自らが異物とみなして抗体をつくってしまい、自分自身を攻撃することになるのです。
こうした病気になっている人たちは免疫力が著しく低下しているため、高麗人参を活用しますとサポニンのもつ免疫力向上作用によってリウマチの症状が改善することが確認されています。
詳しくはこちらhttp://www.maruya-kaori.com/11carrot.htmlをご覧ください。

このような病気はストレスとも密接なかかわりがあり、末梢神経を興奮させてしまうため、この神経を収縮させ、血流が悪くなることが多いようです。
血流の鈍りは新陳代謝を低下させ、慢性的な冷えや肩こり、便秘などの身体的症状を起こす上、不安、不眠、自律神経失調症といった精神症状も引き起こします。
高麗人参に含まれるサポニンは副腎皮質細胞のストレスホルモン生成を阻害する働きがあるため、積極的に摂取しますと交感神経と副交感神経のバランスが整い、気分が安定してくるようになります。
また新陳代謝が高まるため解毒や排泄の促進がなされ、血流も改善するためかなりの身体的緩和がはかられるようになるのです。
さらに神経症状にも効いてストレスを緩和してくれるため体と心の両方の症状を緩和してくれることになります。